高次な脳機能の障害

交通事故による後遺症を背負った青年の物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親友と

いつの日か親友と、自分にとって大切な人と、事故現場に行かないと前に進むキッカケにならへんな、と思ってました。
大袈裟かもですが、そこに一緒に行くことが小さな夢でした。

そう、『でした』と過去形にしたのは、それが先日、叶ったからです。

その親友は地元が同じ(実家がめちゃめちゃ近所)で同い年の大学院の1回生の子で、就活でこっちに来る予定があったので、ついて行ってもらいました。

何回きても馬鹿でかくて、交通量の多い交差点でした。そいつも『お前、こんなとこで事故したん!?よく生きてたな笑』と驚いていました。

これを機に、色々と良い風に変わることを祈ります。というか、自分で良い風に変えます。このブログを教えてへんから見てないと思うけど笑、ありがとうな。愛してるぜ☆~(ゝ。∂)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://a0hal.blog8.fc2.com/tb.php/18-f7c1b2f8

 | HOME | 

文字サイズの変更

about me

すず

Author:すず
現在、大学生♂。
2010.12.16AM0:40にリセット。2011.1.24に生まれ変わりました。

最新記事

最新コメント

Ring Clock

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

まいにち (8)
あらすじ (1)
ざれごと (7)
症状 (4)
通院etc.. (3)
その他 (0)

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。