高次な脳機能の障害

交通事故による後遺症を背負った青年の物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから1年半

色んなことが変わったし、色々と気付くことがありました。


病気についての本を何冊か読んだのですが、そのうちのひとつに書いてあった内容を紹介したいと思います。

高次脳機能障害は症状的には記憶障害等で、高齢者に見られる痴呆症と変わらない。
では、何が違うのか?
それはー、、
自分のことを誰か分かっている、ということ。

厳しい言葉になりますが、
痴呆症の場合、自分が誰か、どんな人間なのか、が分かっていません。
しかし、高次脳機能障害は以前の自分を憶えている。

そんな内容が書いてありました。


確かに俺も朧げではあれ、過去の自分を憶えています。
県内でトップの高校に通い、浪人することなく、国公立大に行ける頭脳があったことを。

でも、今の自分は、その頃と比べると、劣っているのが分かります。
痛いほど分かる、本当にその言葉の通り、痛いです。

だから、身の回りに、高次脳機能障害の人がいる方は、過去の(発症前の)その人と現在のその人を比べるのはやめてあげてください。本人も自分の能力が下がっていることを理解し、辛く感じているはずです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://a0hal.blog8.fc2.com/tb.php/2-5067da5e

 | HOME | 

文字サイズの変更

about me

すず

Author:すず
現在、大学生♂。
2010.12.16AM0:40にリセット。2011.1.24に生まれ変わりました。

最新記事

最新コメント

Ring Clock

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

まいにち (8)
あらすじ (1)
ざれごと (7)
症状 (4)
通院etc.. (3)
その他 (0)

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。