高次な脳機能の障害

交通事故による後遺症を背負った青年の物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ること②遂行機能障害

大学の講義で、パソコン講座なるものを履修しているわのですが、このあいだ、授業でアクティビティー図を書くといった課題がでました。
レストランの一連の流れだったんですが、簡単にいうと、プリントに印刷された、
お客様が来る、支配人が案内する、ウェイターが注文をとる、シェフが調理、お客様が食事、そして会計する。
それをもう少し複雑にしたものを図で表す、といったものでした。
いや、ね、プリントに印刷された文字の意味は分かるし、流れも理解できるんです。
でも、それを図に表せない。なんか、図に書こうとすると分からないんですよ。
そこで、初めて、(違うかもしれませんが)遂行機能障害もあるんだなぁ、と感じました。
後日、先生にその障害のことを話すと
いやー、それなら、あの授業分からへんかったやろ。大変やったなぁ。
と言っていただき、考慮していただけることになりました。

でも、たぶん、社会に出たら、こんな風にはいかず、色々とキツい言葉を投げられるのだろうな、と思います。
頑張れ、未来の俺! [追記]
この件があった次の授業で、自分の回答を返してもらったのですが、先生に、良くできてたよ。少なくとも、教科書の解答よりは良いと思う、と言って頂けました。

少し話がずれる(?)ので、また後日、書こうとは思いますが、脳外科医の先生曰く、『脳に損傷のある人は自信を無くしやすい』と言われました。まさに、自分に当てはまります。
過大評価するのもアレですが、過小評価してしまうのもダメだなー、と思いました。
結局は、自分が見えてないんですよね。良い風にも悪い風にも、自分を客観的に捉えられてない。自分を主観的でなく客観的に捉えられるようになる、これが自分の人生での大きな課題になる気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://a0hal.blog8.fc2.com/tb.php/5-a14d8281

まとめ【困ること?遂行機能障】

大学の講義で、パソコン講座なるものを履修しているわのですが、このあいだ、授業でアクティビティー図を

 | HOME | 

文字サイズの変更

about me

すず

Author:すず
現在、大学生♂。
2010.12.16AM0:40にリセット。2011.1.24に生まれ変わりました。

最新記事

最新コメント

Ring Clock

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

まいにち (8)
あらすじ (1)
ざれごと (7)
症状 (4)
通院etc.. (3)
その他 (0)

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。